青年期の危機尺度(ACS)

このテストは深層心理を探るものです。
・あまり考えすぎずに直感で回答してください。
・心を落ち着かせ、静かな場所で実施してください。



    必須設問1 今、自分の将来の進路について決定を迫られても何を基準にして考えたらよいかわからない
    必須設問2 何かに迷っている時、親に「これでいい?」と聞きたい反面、聞かないで自分で解決したいとも思う
    必須設問3 打ち解けて話ができる人は、私にはあまりいないように思う
    必須設問4 何でもものごとを始めるのがめんどうだ
    必須設問5 これまで自分自身で将来や進路を決定したことが少ないため、その決定を迫られると不安になる。
    必須設問6 困っている時や悲しい時に、親に気持ちをわかってもらいたい反面、わかってもらえなくてもいいとも思う
    必須設問7 他人から「仲間はずれにされている」と感じることはほとんどない。
    必須設問8 他人から「仲間はずれにされている」と感じることはほとんどない。
    必須設問9 私は、どのような職にもつけるという気持ちになる時と何にもなれないのではないかという気持ちになる時がある。
    必須設問10 一人で決心がつきにくい時は、親の意見に従いたい反面、自分で決心したい気持ちもある。
    必須設問11 私には、お互いに本当に理解し合える人は、ほとんどいないと思う。
    必須設問12 私には、「理想の自分」がたくさんあって、どれが本当になりたい自分なのか、さっぱりわからない。
    必須設問13 今、将来の進路については、じっくり考えていてその決断ができる段階である。
    必須設問14 親といると、一緒にいるだけで何となく安心できる反面、自分をほおっておいてほしいという気持ちもある
    必須設問15 私の生活は、いきいきしてるように思う
    必須設問16 今、一つのことに集中して打ち込むことができない
    必須設問17 決断力があるため、今、何かの決定を迫られても混乱せずに、決断できるだろう
    必須設問18 親の言うこと、考えていることは、正しいと信じられる反面、疑問も生じてくる
    必須設問19 今、何かに追い詰められているような感じを持っていて、自由に動けない気持ちである
    必須設問20 今の自分は本当の自分でないような気がする
    必須設問21 大切な決断を迫られた場合、私はいつもじっくり考えたうえで思い切りよく決断できる
    必須設問22 親にもっと理解され、愛してもらいたい反面、理解してもらわなくてもよいという気持ちもある
    必須設問23 人と一緒にいて、たまらなく自分がいやになることがよくある
    必須設問24 うれしいこと、楽しいことは、まず親に報告したい気持ちもある反面、そのことを自分だけで大切にしたい気持ちもある
    必須設問25 私は、社会では欠くことのできない貴重な存在だと思う
    必須設問26 私は、悪い友達に左右されることなく、いつも正しい決定を下すことができる